思えば遠く来たもんだ @てねしー

オットの転職で2019年7月に東京からテネシー州ナッシュビル近郊に引っ越してきたアラフィフ母さん、みかえるのブログです。

歯医者のチェックアップに行ってきました

年に1回だか2回だか、オットの加入している保険(歯科)でチェックアップ(健診)が受けられるというので、行ってきました。

米国の保険は歯科と眼科は別保険。なぜなんだ。

保険会社のアプリから歯科医を探すところからスタート(アプリで出てこない歯医者は保険適用にならない)。一年くらい前に、私が前にこの辺りに住んでいる人のブログでおススメされている歯科医をオットにリコメンドしたんだけど、コロナのどさくさで予約が流れたのか何なのか、予約も取れてなければなんでもなかったので最初からやり直し。

オットが自分が通っているジムの近くの歯科医を探しあてて、最初にオットがひとりで行ってみたところ悪くないとのこと。いろいろオプションを勧められるけど断ればいいとかなんとか。虫歯もなかったのでクリーニングと歯石取りをしてもらい、半年に一度チェックアップに行くことにしたそうで。

次に次男にチェックアップを勧めてみたところ、行くというのでオットが連れて行きました。虫歯はなく歯磨きをちゃんとしてねということでクリーニングして半年後の予約を取ってきました。

私も日本を出るときに歯医者に行ったきりだったので、1年半ぶりに歯医者に行く気になりまして、でも予約取るのが大変とのこと。ネットでも取れるけどうまくいなかいし、電話でもイマイチらしく(どういうシステムなのか)オットが次男のチェックアップ時に取ってきてくれました。

f:id:michelle_US:20210115050942p:image

オットは付き添ってくれる気満々だったのですが、私は眼科もひとりで行ったし、ひとりで何とかできるんじゃないかなと最初から思っていて(オットと次男の話を聞く分にはまあ英語ができなくても特に問題なさそう)、ひとりで行くと伝えたところ「よかったー、ちょうどミーティング入っちゃって」と言われたので、ひとりで行ってみました。

商店街の一角にある歯医者で、商店街自体2年以内にできたはずなので(私たちが引っ越してきたころにぼちぼちお店ができ始めていたので)、新しくてきれい。もちろんコロナ対策でマスク必須だしハンドサニタイザーもたくさん置いてありました。

事前に問診票はメールで送っていたので、内容をざっと確認してサイン、あともう一つサイン(なんだったかな…)、あと個人情報取り扱いの書類にサインして待つ。

なんか予約がたくさん入ってたのか、急患がきたのか、めっちゃ待たされました。

30分くらい待つと(でもまあこっちのクリニックは辛抱強さが求められるのでこんなもんかな)、レントゲンと写真の撮影が。

レントゲンは機械がぐるっと私の顔の周りをまわって1回撮影。歯の表面写真も10枚くらい撮影。その後マウスピースみたいなのを噛んで個別のレントゲンを14枚くらい撮影。

日本では事前にレントゲンを撮ることがなかったので(まずは椅子に座って口を開けるところからで、何かあったらレントゲン取る感じですよね)びっくり。

同時に何に使うのか血圧も測定。110/64。

そしてまたかなり待たされ、歯科医登場。口を開けると奥歯をごりごりやってぐらつきがないか確認すると、開口一番「あなたの歯は良い歯だけど、虫歯が3本…4本あります」って!!

マジでー?

これまでほぼ虫歯がなかったのにー?

そうか、先月うっすら歯が痛かったのは虫歯だったのか(そして気づくと痛くなる不思議)。

でも待たされている間に自分の歯のレントゲンと表面写真がディスプレイに表示されていて、茶色いところがある歯がいくつかあるなあと思っていたので、納得。素人目に見ても虫歯っぽいなと思えるくらいの虫歯だったわけね。

で、やっぱり忙しかったのか(見積もりに納得してからじゃないとできないからなのか)クリーニングと歯石取りは後日になりまして。

さらに虫歯の治療もあるので、てんこ盛りの見積もりを受付嬢が説明してくれました。

オットに「クリーニングと歯石取りだけでいい、イリゲーションとレーザーは断って」と言われたので「オットに勧められたのだけどクリーニングと歯石取りだけにしたい」と伝えると「あー、ご主人そうだったわね、じゃあそうするね」と見積もりからガッと削除してくれました。

クリーニングと歯石取りだけで自己負担は200ドル。

虫歯の治療は、軽めの3つは穴埋めだけなので自己負担は1本につき24ドル。1つはなんかでかい虫歯で穴埋めでは足りないからクラウンにするそうで、自己負担は1本で400ドル!! 保険会社が払う分を入れると1000ドル超えます。びっくり。

Twitterで日本の国民皆保険がなくなるのでは的なツイートがあり、それに付随して「アメリカでは虫歯1本10万円」ってのも見かけたのだけど、その通りだったー。びっくり。

とりあえずオットに相談するからと伝えて見積もりをプリントアウトしてもらい、子どもの送迎があるから昼間がいいと次の予約を午前中に取りました。

きょうはクレイジーだったけど、次回はこんなに待たないと思うよと受付嬢に言われて、また納得。そして見積もり見て何かわからないことがあったらご主人から電話してもらって、とも言われました。はなから私との会話は無理って思ったな…まあそうだけど。

でも一応虫歯が4本あって、3本は穴埋め、1本はクラウン、とか、一日で4本治せるとか、クリーニングもまとめてやっちゃうとか、そういう話はなんとなく理解できました。もちろんスモールトークなんてできやしませんよ…。いいんですよ、治療に来てるんだから…。

ということで、何気なくチェックアップとクリーニングだけしようと思ったのに虫歯が4本も見つかってびっくり。今まで虫歯とはほぼ縁のない人生だったので(親知らずは4本とも抜きましたけど、虫歯は2本か3本ちょっと削ってレジン入れるくらいしかしたことがない)、ああアメリカで歯科治療を受けることになってしまった…とショックでした。

次回、治療だけなのか、クリーニングもできるのか、よくわからないけど(どっちもできるくらいの長い時間の枠で予約したんだけど)またがんばって行ってきます!!

ちなみに長男は、オットがきれいでよい歯医者だと言っても、次男が痛くなかったと言っても、私が私みたいに虫歯がたくさん見つかる前に調べてもらったらと言っても、頑なに「ヤダ」と言って歯医者には行かないそうです。俺はちゃんと歯磨きをしているし、痛くもなんともないそうです。